なんか急性リンパ性白血病になった記

金曜か土曜に更新 最悪日曜

化学療法 week 3 (1/2-1/8) レビュー

抗がん剤の投与3週目

  • 短期的に重篤な副作用の発現なし
  • 1回だけ抗がん剤をパスした
  • ちょこちょこ輸血などした

予想された副作用とそのまとめ

予想された副作用 結果 備考 要因
吐き気・嘔吐 - 制吐剤の予防的使用 VCR, L-asp
食欲不振 おにぎりこわい・おかゆこわい -
便秘 酸化マグネシウム剤で調整 -
脱毛 抜けた -
末梢神経障害 ようよう強くなりゆく VCR
骨髄抑制 day 2~, 血球回復傾向 -
肝機能障害 肝酵素の値が微増 L-asp
膵臓障害 - - L-asp
凝固異常 ATIII/FIB減少・薬剤と輸血で対応 L-asp
ビリルビンが上がる day 5 の L-asp スキップ L-asp
アンモニアが上がる - L-asp
デブ線 - PST

「-」は自覚・観察なし、「△」は自覚・観察はあるががまんできる・または適当な対応が可能

投薬スケジュール (1/2-1/8)

薬名/day 1 2 3 4 5 6 7
脳脊髄注*1 - - - - - -
オンコビン*2 - - - - - -
ロイナーゼ*3 - - × - -
プレドニン*4
グラニセトロン*5 - - - - - -

「×」はキャンセル

備考

  • day3: ノンスロン1500単位点滴・血漿輸血
  • day5: ノンスロン1500単位点滴・血漿輸血
  • day6: 血漿輸血

*1:メソトレキセート MTX 12mg, キロサイド CA 30mg, ソル・コーテフ HDC 25mg

*2:ビンクリスチン VCR 2mg

*3:L-アスパラギナーゼ L-asp 10,000単位

*4:プレドニゾロン PSL 経口 65mg

*5:制吐剤、5-HT3受容体拮抗薬